北海道函館市内の病院から手錠を付けたまま容疑者が逃走、強姦致傷容疑で逮捕された少年が逃げ警察が行方追う

北海道函館市内の病院から手錠を付けたまま容疑者が逃走、強姦致傷容疑で逮捕された少年が逃げ警察が行方追う

2月8日に強姦致傷容疑で逮捕された17歳の男(少年)が2月15日夕方に体調不良を訴え、函館西署の留置場から函館市内の病院に搬送され診断を受けた直後、この男が手錠を付けたまま裸足で逃走したことが明らかになりました。北海道警が200人態勢で行方を追っていますが、病院から逃走を続けています。

函館市内の病院から手錠を付けたまま逃げた男の名前や住所・顔写真は公開はされていませんが、このまま逃走を続けるのであれば名前と顔写真が公開され全国指名手配される見通し。

逃走している17歳の男は2月8日函館市内の公園で10代の女性に性的暴行を加えた強姦致傷容疑で15日に逮捕され、その日の夕方に「心臓が痛い」と嘘を言い病院に搬送させ、付き添いの男性警察官2人を振り切って逃げています。

逃げていた男は病院から逃走してから約6時間後の16日午前0時過ぎに女性から「一緒にいる。これから連れて行く。」と警察に通報があり、約1時間後の1時15分頃、知人女性に付き添われて警察に出頭しました。腕に掛かっていた手錠は外れており、見つかっていません。

現在のところ、病院から逃げた男は逃走を続けており身柄確保の情報は入っていませんが、犯人確保などの続報があれば追って更新していく予定です。

北海道函館市内の病院から強姦致傷容疑で逮捕された17歳の少年が手錠を付けたまま逃走

この脱走・逃走事件は強姦事件の容疑者として逮捕した17歳の少年が2月15日午後6時20分頃、函館西署の留置場から搬送された函館市内の病院から手錠を付けたまま逃走したことが明らかになったものです。逃げた男は2月8日に函館市内の公園敷地内で10代の女性に性的暴行を加え、同月15日午前に強姦致傷容疑で逮捕されていました。

強姦致傷容疑で逮捕されていた会社員の17歳の男は同日夕方、函館西署の留置場で「心臓が痛い」と体調不良を署員に訴え、病院に救急車で搬送され診察を受けましたが、留置に耐えうると医師の診断されたため、同署に戻るための護送車を待ったいたところ、午後6時20分頃に手錠を付けたまま走って逃げたという。

男が逃げた当時、付き添っていた男性警察官2人が男を追跡したが見失ってしまい、北海道警が200人態勢で行方を追っている。男が逃げた場所には腰に巻いて逃走を防ぐ為の腰縄が残されており、現場から逃げた男が何らかの方法で腰縄を外して逃走したとみられている。

函館市内の病院から逃げた男の特徴は身長170センチくらいの中肉で髪色は金髪、上下グレーのスウェットを着ており、両手には手錠がされ裸足で逃走したとのことです。

男が逃げた2月15日午後11時現在、逃げた男の身柄が確保されたという情報はなく、逃走を続けるのであれば17歳少年の名前や顔写真が公開され全国指名手配される可能性もある。続報があれば追って更新していきます。

北海道函館市内の病院から逃げた17歳少年の特徴・函館西署
(北海道函館市内の病院から逃げた17歳少年の特徴・函館西署)

北海道函館市内の病院から手錠を付けたまま強姦致傷容疑で逮捕された容疑者が逃走…Twitterの声

北海道函館市内の病院から手錠を付けたまま容疑者が逃走、強姦致傷容疑で逮捕された少年が逃げ警察が行方追う