山陽自動車道で中国バスのフラワーライナーから走行中に出火、車両火災で全焼する事故:4時間近く通行止めに

山陽自動車道で中国バスのフラワーライナーから走行中に出火、車両火災で全焼する事故:4時間近く通行止めに

広島県東広島市の山陽自動車道(山陽道)の志和インターチェンジ付近で中国バスが運営する高速バス「フラワーライナー」から出火する火事があり、バスが全焼する被害が出ました。高速バスには乗客15人と運転手1人が乗っていましたが、車外に避難して無事でした。また、この火事で山陽道下り線の西条IC~志和両IC間が約4時間に渡って通行止めとなりました。

走行中に出火した高速バスは志和インターチェンジを走っている最中にバス前輪のサブエンジン付近から火が出たということで、乗客らが避難した後に激しく燃えてバス全体に火が燃え広がったということで、警察が出火原因を調べています。

東広島市の山陽自動車道(山陽道)で中国バスの高速バス「フラワーライナー」が炎上する火事が発生

この事故は2月14日午前7時半頃、広島県東広島市の山陽自動車道(山陽道)下り線の志和インターチェンジ(IC)付近で中国バスが運営する高速バス「フラワーライナー」が走行中、突然出火し全焼したものです。火が出た高速バスは路肩付近に停車し、乗客15人と運転手1人が車外へ避難したところ、前輪付近のサブエンジンから激しく燃えたということです。

全焼した中国バスのフラワーライナーは尾道市のJR尾道駅を午前7時前に出発し、広島市の広島バスセンターに向かう途中だったという。出火したバスに乗っていた乗客15人と運転手1人の計16人は近くの志和インターチェンジまで徒歩で移動し、けが人はいませんでした。

バスの乗客によると、出火直後のバス車内は混乱状態にあり、バス車外に避難した後に「ボンボン」という音と共に火が燃え広がったとのことです。警察が出火原因を調べています。

また、この火事(車両火災)の影響で山陽自動車道下り線・西条インターチェンジ~志和両インターチェンジ間が約3時間40分渡って通行止めになりました。

山陽自動車道で炎上した高速バス・中国バスのフラワーライナー
(山陽自動車道で炎上した高速バス・中国バスのフラワーライナー)

山陽自動車道で中国バスのフラワーライナーから走行中に出火、車両火災で全焼する事故発生…Twitterの声

[ad-4]
山陽自動車道で中国バスのフラワーライナーから走行中に出火、車両火災で全焼する事故:4時間近く通行止めに

1 個のコメント

  • ウィキペディア 中国バスの項より
    2010年には、高速バス用に現代自動車(ヒュンダイ)製の車両が導入された。2014年現在では多数残存する老朽車を早期に置き換える必要性から、県内路線向けには中古車を導入しつつ、都市間路線には導入コストの安いヒュンダイ・ユニバースが多数導入されている。