名古屋市中村区の押木田公園で発見され男性遺体の身元は重田光則さんと判明、金銭トラブルで殺害された可能性が浮上

名古屋市中村区の押木田公園で発見され男性遺体の身元は重田光則さんと判明、金銭トラブルで殺害された可能性が浮上

今月22日の夜、愛知県名古屋市中村区下中村町の押木田公園で、顔に複数の殴られた痕がある男性が見つかり、病院に搬送されたが、その後死亡した殺人事件で、警察は男性の身元を職業不詳・重田光則さん(56)と特定しました。重田さんは顔を複数回殴られ、打撲した際に口・鼻から出血した痕が見つかっており、死因は窒息死だったとわかりました。警察は傷害致死事件として、詳しい状況などを調べ捜査を進めているとのことです。

殺害された重田さんは、持っていた身分証などから、現場から約1キロ離れた同区(名古屋市中村区)のアパートに住んでいることがわかっており、周辺住民の話によると、事件が起きる数日前に「金銭を巡るトラブルから男に殴られた」と重田さんが話していたことが新たにわかりました。

現場から見つかった重田さんのバッグには財布や現金が残されており、金目当てでの通り魔的な犯行の可能性は薄いとみて、重田さんが何らかの金銭トラブルに巻き込まれた末に殺害された可能性が高いとみて、警察が詳しく調べています。

この事件で重田さんは押木田公園に置かれた木製の箱によりかかり、地面に座った状態で発見されており、周辺住民の間では不安の声が広がっています。

遺体発見現場(愛知県名古屋市中村区)と付近の周辺地図

殺害された重田光則さんの遺体が見つかったのは押木田公園内で、重田さんの自宅はここから約1キロ離れた同じ中村区内にあるアパートということです。

名古屋市中村区下中村町の押木田公園で顔などに打撲痕がある50代男性が死亡しているのが見つかった殺人事件で、殺害された男性の身元が近くに住む重田光則さんとわかりました。

重田さんは金銭トラブルから殺害された可能性が高く、犯人とみられる人物が重田さんを殴り殺害したあと、押木田公園の遺体発見現場に遺棄したものとみて、警察が詳しい状況などを調べています。

名古屋市中村区の押木田公園で発見され男性遺体の身元は重田光則さんと判明、金銭トラブルで殺害された可能性が浮上

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)