東京杉並区高円寺南の民家で殺人事件?住宅寝室で高齢男性が遺体で見つかり認知症の妻から事情聴く方針

東京杉並区高円寺南の民家で殺人事件?住宅寝室で高齢男性が遺体で見つかり認知症の妻から事情聴く方針

東京都杉並区高円寺南3丁目の住宅1階の寝室で顔から血を流して倒れている80代の高齢男性が遺体で見つかる事件があり、警察が殺人事件などの事件と事故の両面で捜査しています。警察に通報したのが認知症の症状がある80代の妻とみられる女性ということで、警察が慎重に捜査を進めている。遺体は2月7日にも司法解剖し死因の特定を進める方針です。

顔から血を流して倒れていた男性の死因は7日の司法解剖で明らかになると思われますが、この男性が殺害されたとなれば事件現場に居合わせた妻の犯行の可能性が高くなり、殺人事件として捜査が進むとみられています。しかし、この妻は認知症状の症状があることから、警察は慎重に捜査を進める方針だということです。

事件現場の住宅の場所はJR高円寺駅から南に約800メートル、地下鉄丸ノ内線・新高円寺から北に約700メートル離れた住宅街の一角で、現在までに詳しい状況などは明らかになっていない。この東京都杉並区高円寺南3丁目で男性遺体が見つかった殺人事件の可能性がある事件に関して、続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

東京都杉並区高円寺南3丁目の住宅で高齢男性の遺体発見、殺人事件の可能性も視野に捜査

この事件は2月6日午後8時頃、東京都杉並区高円寺南3丁目の住宅(民家)で年齢80代くらいの男性が顔から血を流して倒れているのが見つかった事件で、この家に住む妻とみられる80代の女性から消防に通報があり、消防を通じて警察に通報があり、事件現場に駆け付けた警察官が住宅1階の寝室で顔から血を流して仰向けに倒れているのを見つけた事件です。

見つかった高齢男性は現場で死亡が確認され、現在までに死因などの詳しい情報は不明ですが、現場の住宅を警察が調べたところ室内に荒らされた形跡はなく、身内以外の第三者が住宅内に侵入した形跡はないという。警察が殺人事件などの事件と事故の両面で捜査しており、警察に通報し事件現場に居合わせた妻とみられる80代の高齢女性から話を聴いていますが、認知症の症状があることから慎重に捜査を進めています。

高齢男性が死亡していた住宅の場所は、東京都杉並区高円寺南3丁目26−18にある「石坂表具店」の角を曲がって通りに入った2階建て住宅とみられており、JR高円寺駅から南に約800メートル、地下鉄丸ノ内線・新高円寺から北に約700メートル離れた住宅密集地の一角です。

この東京杉並区高円寺南3丁目の事件に関して続報があれば追って更新していく予定です。

男性遺体が見つかった事件現場一帯:東京都杉並区高円寺南3丁目
(男性遺体が見つかった事件現場一帯:東京都杉並区高円寺南3丁目)
[ad-4]
東京杉並区高円寺南の民家で殺人事件?住宅寝室で高齢男性が遺体で見つかり認知症の妻から事情聴く方針