横浜市神奈川区西寺尾 7階建てのマンションから4歳の男の子が転落、意識不明の重体

横浜市神奈川区西寺尾 7階建てのマンションから4歳の男の子が転落、意識不明の重体

9月22日午後3時過ぎ、神奈川県横浜市の7階建てマンションの敷地内に4歳の男の子が倒れているのが見つかり、意識不明の重体となっている。駆け付けた警察によると、7階建てマンションの3階部分から転落した転落事故の可能性が高いという。

男の子が転落した現場は神奈川県横浜市神奈川区西寺尾の7階建てのマンションで、このマンションの3階に住む4歳の男の子が倒れているのを家族が発見し消防に通報した。男の子は病院に運ばれましたが、頭を強く打っており、意識不明の重体になっています。

警察などによると、転落した男の子はこの日、父親と一緒に2人で一緒にいましたが父親が寝ている間に姿が見えなくなり、帰宅した母親が探したところ、ベランダの下で倒れている男の子を見つけたという。

この部屋のベランダには高さ約70センチの落下防止用の柵が設置されていますが、これまでの調べで、柵の根元のコンクリートに子どもが足をかけたような跡が残っていたということです。

警察は、男の子が誤って柵を乗り越え落下したとみて、現場の状況を詳しく調べると共に両親からも話を聞いている。

横浜市神奈川区マンション転落、現場の場所と周辺地図

4歳の男の子が転落した現場は横浜市神奈川区西寺尾の7階建てのマンションとのことですが、現場周辺には多くのマンションが立ち並んでおり、マンション名までは明らかになっていません。

横浜市では、今月5日にも横浜市鶴見区江ケ崎町の11階建てマンションの9階から3歳の男の子が転落する死亡事故が起きたばかりです。
横浜市神奈川区西寺尾 7階建てのマンションから4歳の男の子が転落、意識不明の重体

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)