近畿管区警察学校の壁に24トントラックが突っ込み塀が倒壊:事件やテロの可能性は低い事故とみて捜査

近畿管区警察学校の壁に24トントラックが突っ込み塀が倒壊:事件やテロの可能性は低い事故とみて捜査

大阪府堺市北区長曽根町の近畿管区警察学校の壁に24トントラックが突っ込む衝突事故があり、高さ約2メートルのブロック塀が幅8メートル余りに渡って倒壊しました。現在までに警察学校を狙ったテロや事件の可能性は低く、事故として事故原因の捜査などが行われています。トラックを運転していた48歳の男性が軽傷を負った模様。

この事故で近畿管区警察学校の外壁が壊れる被害が出ていますが、事故が起きた1月30日午前4時50分頃、事故現場の府道12号線沿いを歩いている人はおらず巻き込まれた人はいなかったという。

警察学校の外壁に突っ込んだ大型の24トントラックは府道12号線を直進している最中、急ハンドルを切ったとみられており、警察が事故原因について調べを進めています。トラック運転手が事故当時のことを良く覚えていないと話していることから、病気や居眠りから事故に繋がった可能性もあるとみて詳しく調べている。

事故当時、近くに居た人によると「金属音が擦れるような大きな音がした」と話しています。

近畿管区警察学校の壁に大型トラックが激突しブロック塀倒壊、運転手は「良く覚えてない」と供述

この事故は1月30日午前4時50分頃、大阪府堺市北区長曽根町の近畿管区警察学校北側の外壁に府道を走っていた大型の24トントラックが衝突し、高さ約2メートルブロック塀が幅約8メートル余りに渡って倒壊、警察学校の敷地内に倒れたものです。

激しい衝突音を聞いた近隣住民が警察に通報し発覚しましたが、48歳のトラック運転手の男性は事故当時のことを「衝突の瞬間は良く覚えていない」と話しているということです。この男性が軽傷を負ったものの、周囲に歩行者などはおらず、けが人はいないということです。

このトラックが警察学校の壁に突っ込んだ事故が起きた場所は、大阪府堺市北区長曽根町1179−4にある「近畿管区警察学校」北側の府道12号線沿いの壁とみられています。近くにはファミリーマート堺北長尾町店や堺蔵前郵便局などがある場所。

事故現場の道路にブレーキ痕は見つかっておらず、衝突の直前にハンドルを切ったことが事故原因とみられており、警察が事故現場の警察学校周辺の道路を詳しく調べている。居眠りなどの可能性があるが、現在のところ警察学校を狙ったテロや事件の可能性はないとみられている。

事故現場の府道12号線は片側1車線の直線道路。

トラックが突っ込んだ近畿管区警察学校の外壁:事故現場の写真
(トラックが突っ込んだ近畿管区警察学校の外壁:事故現場の写真)

大阪府堺市北区長曽根町「近畿管区警察学校」の壁に大型トラックが突っ込み塀が倒壊…Twitterの声

[ad-4]
近畿管区警察学校の壁に24トントラックが突っ込み塀が倒壊:事件やテロの可能性は低い事故とみて捜査