宮崎市で中絶胎児を冷蔵庫に保管、19歳の少女を死体遺棄容疑で逮捕:中絶手術後に冷蔵庫に入れた疑い

宮城市で中絶胎児を冷蔵庫に保管、19歳の少女を死体遺棄容疑で逮捕:中絶手術後に冷蔵庫に入れた疑い

宮崎県宮崎市内の飲食店の冷蔵庫に中絶手術で死産した子供の遺体を保管していたとして宮崎県警は1月29日、住所不定で無職の母親・19歳の少女を死体遺棄容疑で逮捕しました。昨年12月20日、妊娠4ヶ月の時点で宮崎市内の産婦人科で中絶手術を受け、男の子の遺体と死亡届を受け取った後に冷蔵庫内に遺棄した疑いがもたれている。

母親の19歳少女は逮捕容疑を認めていますが、現在までに男の子の遺体を冷蔵庫内に入れて保管していた理由などは明らかにされていない。また、父親の存在についても不明のため、この死体遺棄事件について続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

宮崎市内の飲食店の冷蔵庫内に中絶胎児、母親の19歳少女を死体遺棄容疑で逮捕

この宮崎県宮崎市内で起きた死体遺棄事件で逮捕されたのは住所不定・無職の19歳少女です。この事件は昨年12月20日、宮崎市内の病院で中絶手術を受けた19歳少女が死産した子供(男の子・当時4ヶ月)の遺体を母親の親族が経営する飲食店の冷蔵庫内に保管した疑いで逮捕されたという事件です。

今年1月25日に男の遺体が入った保冷バッグを冷蔵庫内で見つけた親族が警察に通報し、事件が発覚。男の子遺体は中絶手術の後、死亡届と共に病院から母親の少女に引き渡されていましたが、火葬・埋葬しないまま冷蔵庫の中で保管していたとみられています。

死体遺棄容疑で逮捕された少女は警察の調べに対して容疑を認める供述をしていますが、なぜ少女が男の子の遺体を冷蔵庫に入れて保管していたかなど、犯行動機については明らかになっていない。また、この少女の親族が経営していた飲食店(冷蔵庫が置かれた飲食店)の名前や場所は公表されておらず、父親についても明らかにされていません。

警察が事件当時の状況や動機について詳しく調べを進めています。

宮崎市で中絶胎児を冷蔵庫に保管、19歳の少女を死体遺棄容疑で逮捕…Twitterの声

宮城市で中絶胎児を冷蔵庫に保管、19歳の少女を死体遺棄容疑で逮捕:中絶手術後に冷蔵庫に入れた疑い

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)