館山自動車道でトラックが横転 炎上、追突した秋元洋和を酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕

館山自動車道でトラックが横転 炎上、追突した秋元洋和を酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕

9月23日午前10時頃、千葉県市原市の館山自動車道の下り線で、走行中の2トントラックに普通乗用車が後ろから追突する事故があり、追突されたトラックが横転し炎上した。火は約1時間後に消し止められ、けが人はいませんでした。

この事故で警察は、追突した普通乗用車を運転していた自称・建設作業員の秋元洋和=ひろかず=容疑者(38)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕したと発表。秋元容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され、警察が事故を起こした当時の状況などを詳しく調べています。

事故が発生した時間帯に館山自動車道を走っていた方の投稿では、秋元洋和容疑者が運転していた車はアルファード(トヨタ)だったようです。

また、この事故で館山自動車道の下り線、館山道起点~市原ICの間が通行止めになっていましたが、事故から約1時間後の午前11時頃に解除されています。事故処理に伴い、数時間に渡って渋滞が続いたようです。

館山自動車道でトラックが横転・炎上する事故…Twitterの反応

ツイッターには事故現場周辺の渋滞に捕まったという投稿が多くみられましたが、けが人がいなかったのが幸いでした。

飲酒運転で高速走行した秋元洋和容疑者は酒気帯び運転の疑いで逮捕されており、詳しい調べが行われます。

館山自動車道でトラックが横転 炎上、追突した秋元洋和を酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)