グルメンピック2017の開催延期で出店料の返金巡り詐欺の疑い:主催者の大東物産は2月末返金と回答も警察に相談

グルメンピック2017の開催延期で出店料の返金巡り詐欺の疑い:主催者の大東物産は2月末返金と回答も警察に相談

2017年2月に東京・味の素スタジアムや大阪などで開催予定だった「グルメンピック2017」開催延期に伴う出店料の返金を巡り、企画・主催者の大東物産株式会社と170店近い出店者との間でトラブルになっていることが分かりました。中には「怪しいと思いつつも出店料を払ってしまった」「詐欺じゃないか」といった声も聞かれました。

このグルメンピックを巡るトラブルとしては先払いしていた出店料(20万円から80万円)が返金されないというものですが、主催者の大東物産が出店料の返金期限を2017年1月31日としていたものを1ヶ月先延ばしにした2月末にすると突然通告したことで騒動が大きくなった。

大東物産のホームページ上に記載されている住所には会社が存在しないことなどが明らかになり、全国170店舗近い出店事業者に対する詐欺の疑いも浮上している。出店者の代表らが返金に関して話し合いを行った結果、返金が無ければ警察に相談し被害届を出す方針で動いているという。

このグルメンピック2017と大東物産に関して、今以上に騒動が大きくなる可能性もあるということです。

グルメンピック2017の開催延期を発表を出店料の返金巡りトラブルに、主催者の大東物産に返金の意思は?

開催延期が発表されるも数十万円の出店料が返金されないと問題になっているのは「グルメンピック2017」と呼ばれるイベントで、主催者は「グルメンピック実行委員会」とされていますが、実質的な主催者は総合企画の「大東物産株式会社」というイベント事業などを手がける会社とみられています。

グルメンピック2017主催者の大東物産の公式ホームページ
(グルメンピック2017主催者の大東物産の公式ホームページ)

味の素スタジアムなどで2017年2月に開催予定だったグルメンピック2017に出店予定だった事業者は分かっているだけでも全国170店近い出店予定(店舗運営者)と報じられており、去年・2016年の夏頃から全国の飲食店に参加を呼びかけ、1店舗あたり20万円から80万円の出店料を集めていたが、1月17日にイベントの開催延期を発表したものの、出店料の返金に応じていないというもの。

グルメンピック2017の公式ページはこちらで、公式サイトの情報によるとグルメンピック2017の開催日程は東京会場が味の素スタジアムパーク内・アジパンダ広場で2017年2月13日~17日、20日~24日の2週間・平日限定開催の食のイベント。

大阪会場は舞洲スポーツアイランド内・空の広場と記載されていますが、ホームページに詳しい日程は記載されていません。

またトラブルになっている返金に関して、主催者の大東物産株式会社は1月末の返金と出店者に話していましたが、ここ数日で「2月末に返金」と返金期限を延ばす説明をしているという。出店者らは返金されない場合、警察に相談し被害届を出す方針だということです。

グルメンピックを怪しいと感じつつも出店料を払った理由は?

多くの出店者がグルメンピック2017を「怪しい」と感じながらも出店料金を支払ったのには理由があり、東京会場の味の素スタジアムのホームページに「グルメンピック2017」が開催予定のイベントとして掲載されていたことや、出店を打診した出店者に配られたパンフレットに条件に該当すれば出店料の全額返金に応じると書かれていたことが挙げられるようです。

その返金条件は「出店5日間の売上高が75万円以下だった場合」というもので、仮にグルメンピック2017に出店して売り上げが少なかった場合でも返金されるという補償やボランティアスタッフ数人が各出店ブースに付くなど「出店の条件が良い」と判断し金を払ったと話していました。

しかし、その後の調べで主催者の大東物産の会社所在として記載してある住所(東京都中野区東中野4-4-1 マルシンビル6階)には大東物産が入っていなかったことなどが取材によって明らかになっており、大規模な詐欺事件の可能性もあるとして、ネット上などでも騒がれている状況です。

主催者が出店者に配ったグルメンピック2017のパンフレット
(主催者が出店者に配ったグルメンピック2017のパンフレット)

グルメンピック2017の開催延期で出店料の返金巡り詐欺の疑い…Twitterの声

[ad-4]
グルメンピック2017の開催延期で出店料の返金巡り詐欺の疑い:主催者の大東物産は2月末返金と回答も警察に相談