鳥取県智頭町の国道373号線で車200台が立往生、積雪1メートル:鳥取県が自衛隊に災害派遣を要請

鳥取県智頭町の国道373号線で車200台が立往生、積雪1メートル:鳥取県が自衛隊に災害派遣を要請

鳥取県内の大雪の影響で、鳥取県智頭町の国道373号線や国道53号線、鳥取自動車道など3カ所で240台前後の車が立往生している状況が続いています。24日午前4時に鳥取県の平井知事が自衛隊に災害派遣を要請し、自衛隊が食料品の運搬や除雪・車両の移動などの対応が行われています。智頭町内では1メートル超の積雪が観測されています。

鳥取県智頭の国道373号線から国道53号線までの約12キロの区間ではトラックや乗用車など車200台以上が立往生し、国道53号線でも車3台が動けなくなるなどの状況が続いており、自衛隊が除雪作業などに当たっていますが、24日午後3時現在では全ての車が移動する目処は立っていないということです。

米子自動車道(米子道)の三平山トンネル付近で50台前後の車が立ち往生:智頭町大内の国道373号線と新名神高速でも渋滞・立ち往生が発生

2017.01.24

鳥取県智頭町の国道373号線で車200台が立往生、鳥取県自衛隊に災害派遣を要請

1月23日から24日にかけて降った大雪で積雪が1メートルを超える鳥取県智頭町の国道373号線では24日午後になった今も依然としてトラックや乗用車など車200台以上が立往生しており、24日午前4時に鳥取県の平井知事が自衛隊に災害派遣要請をしたことで、自衛隊は智頭町で食料を運ぶなどの活動を進めています。

鳥取県内の車の立往生は智頭町の国道373号線で200台前後のほか、国道53号線でも車3台が立往生しているという。さらに鳥取自動車道でも40台前後の車が動けなくなっているなど、少なくとも3カ所で240台前後の車が動けなくなり立往生しています。24日午後から災害派遣要請を受けた自衛隊が除雪作業と車両の移動に取りかかっているということです。

智頭町が23日夜に開設した2カ所の避難所には大雪で立往生した車に乗っていた人らが集まり、町は備蓄用のカップ麺などを提供。24日午前9時の時点で約50人が避難所で過ごしたという。

この大雪の影響で米子自動車道(米子道)の上り線では23日午後から車が動けなくなり、一時は60台前後が立往生したが、約20時間後の午前10時までに車の立往生はほぼ解消されました。

鳥取県智頭町・国道373号線の状況
(鳥取県智頭町・国道373号線の状況)

ツイッターには鳥取県智頭町内に積もった雪を撮影した写真などが投稿されているほか、国道53号線の積雪状況についても投稿が寄せられています。

[ad-4]
鳥取県智頭町の国道373号線で車200台が立往生、積雪1メートル:鳥取県が自衛隊に災害派遣を要請

1 個のコメント

  • まるで、あの大雪の山梨県みたいですね。あの時は本当にすごかった。車なんか、動けるような状態ではない。腰までうまってしまう状態でしたから。とにかく、夜中の0時に100cmでしたので、これは、もう無理だと感じました。鳥取の人達も大変ですが、皆で協力して、1日でも早く普通の生活が出来るように、がんばって下さい。