大分市下郡のエスプレス大分で大規模火災発生、ガスタンク隣の破棄物処理会社が爆発音と共に炎上

大分市下郡のエスプレス大分で大規模火災発生、ガスタンク隣の破棄物処理会社が爆発音と共に炎上

大分県大分市下郡の廃棄物処理会社・リサイクル工場のエスプレス大分で1月17日午後10時前に出火した大規模な火災があり、すぐ横にある大分ガスのガスタンクに延焼・爆発しそうになる騒ぎがありました。火は延焼することなく、約1時間半後に概ね消火されケガ人はいないということが分かっています。

大分市下郡のエスプレス大分から出火した火災の影響で一時、周辺住民や近くのパチンコ屋で遊技していた客らが避難する騒ぎとなりましたが、ガスタンクが炎上・爆発することはありませんでした。警察と消防が火事の出火原因などを調べています。

大分市下郡の廃棄物処理会社「エスプレス大分」で大規模火災発生

1月17日午後9時50分頃、大分県大分市下郡3720-1の工業団地にある破棄物処理会社(リサイクル工場)「エスプレス大分」付近で大規模な火災が発生し、現場周辺は一時騒然となりました。火災現場の隣には大分ガスが扱う都市ガスが充満したタンクがありましたが、火は延焼することなく、約1時間半後の同日11時半頃に概ね消火されました。

火災で燃えたエスプレス大分と球体のガスタンクの距離は約40メートル離れており、この火災による直接の影響はなくガスの供給も通常通りに行われているということです。

火災現場周辺では警察による避難指示が出されると共に、近くのパチンコ店「nikko town・nikko大分中央店」ではこの火事でガスタンクが爆発する可能性もあったことから、店内で遊技していた客約200人が避難しています。

火災現場はJR大分駅から南東に約2キロの距離にある大分川沿いのリサイクル工場で、現在までにけが人は確認されていません。警察と消防が出火原因などを詳しく調べているということです。

大分市下郡の大規模火災・火災現場横のガスタンクの様子
(大分市下郡の大規模火災・火災現場横のガスタンクの様子)

また、ツイッターには火災で炎上したエスプレス大分(大分市下郡)や隣接する大分ガスのガスタンク周辺が激しく燃える様子を撮影した動画や写真が投稿されています。

大分県大分市下郡のリサイクル工場「エスプレス大分」で大規模火災発生、ガスタンクに引火寸前…Twitterの声

[ad-4]
大分市下郡のエスプレス大分で大規模火災発生、ガスタンク隣の破棄物処理会社が爆発音と共に炎上