IKEA鶴浜店に爆破予告、爆弾を設置したと電話で予告:500人以上の買い物客が駐車場に避難、威力業務妨害で捜査

IKEA鶴浜店に爆破予告、爆弾を設置したと電話で予告:500人以上の買い物客が駐車場に避難、威力業務妨害で捜査

大阪府大阪市大正区鶴町2丁目の家具販売店「IKEA(イケア)鶴浜店」に1月15日午後6時過ぎ、イケア鶴浜店を爆破するという爆破予告の電話が同社のサポートセンターにあり、午後7時頃に店内にいた買い物客・約500人が店外の駐車場に緊急避難する爆弾設置騒動がありました。避難した方が相次いでツイッターに投稿し騒ぎになった。

IKEA鶴浜店への爆破予告の電話は男の声だったということで、駆け付けた警察官らが店内を捜索しましたが爆弾らしきものは見つからなかったということですが、同店の営業はそのまま終了。翌日16日の営業予定については明らかになっていません。

ツイッターには入口付近の階段下に買い物カートでバリケードが作られた様子や店外の駐車場に避難する買い物客を撮影した写真が投稿されたほか、従業員の方が防寒対策に買い物袋などを配布している様子が投稿されています。

16日午後10時過ぎに爆破予告があったことが明らかになり、警察が威力業務妨害の疑いで爆破予告をした男について、捜査を始めるということです。

IKEA(イケア)鶴浜店に爆破予告、客500人が緊急避難する騒動に

大阪府大阪市大正区鶴町2丁目にある大型家具店「IKEA(イケア)鶴浜店」で1月15日午後7時過ぎ、店内に居た買い物客・約500人が店外の駐車場に緊急避難する爆弾設置騒ぎがありました。

この騒ぎの原因は約1時間前の午後6時過ぎに「IKEA鶴浜店を爆破する」という旨の爆破予告がIKEAのサポートセンターに電話で寄せられたということで、鶴浜店では急遽、店内に居た買い物客を店外の駐車場へと緊急避難させたものです。

IKEA鶴浜店の営業はそのまま終了し、駆け付けた警察官らが店内を捜しましたが爆弾らしきものは見つからず、警察はサポートセンターに電話してきたと思われる男を威力業務妨害の疑いで捜査しています。

実際にIKEA鶴浜店の店内から駐車場に避難した方がツイッターに投稿した内容によると、IKEA店員が緊急避難の理由を「設備トラブル」「摂理的なトラブル」などと説明していたという。他にも2階ショールームに続く階段下では買い物カートでバリケードが作られたという写真付きのツイートが拡散され「IKEA鶴浜店で爆弾騒ぎ!」などと話題にあがりましたが、爆破予告が原因だったと後に分かりました。

ツイッターには他にも避難直前のIKEA鶴浜店内の写真や店外の駐車場に集まって避難している様子を撮影した写真などが多く投稿されています。緊急避難することになった1月15日夜は非常に寒く、店員の方が防寒用にと毛布や買い物袋を配布していたということです。

IKEA鶴浜店に爆破予告の電話で客が緊急避難・予告した男を威力業務妨害の疑いで捜査…Twitterの声

IKEA鶴浜店に爆破予告、爆弾を設置したと電話で予告:500人以上の買い物客が駐車場に避難、威力業務妨害で捜査