中野区役所の元臨時職員・高橋健一郎容疑者が住民情報を見て女性宅に侵入:強制わいせつ罪で過去5回逮捕

東京都中野区役所の元臨時職員だった高橋健一郎(たかはしけんいちろう)容疑者が住民の個人情報を見ることができる中野区の住民情報基盤システムから女性の個人情報を取得し、女性宅に侵入した疑いで再逮捕されました。同容疑者はこれまでに5件の強制わいせつ事件の容疑者として逮捕・起訴されている性犯罪の常習だったとみられる。

再逮捕された中野区役所の元臨時職員・高橋健一郎容疑者は去年まで市役所の区民サービス課でマイナンバーカードの交付などを担当しており、区内に住む住人の名前や住所といった個人情報を閲覧出来る立場にあった。職権を乱用し手に入れた1人暮らししている女性の住所などから侵入・強制わいせつを繰り返し逮捕されたもの。

再逮捕の容疑は個人情報の盗用を禁じた区の個人情報保護条例違反の疑いと、20代の女性が住むマンションのベランダに3回侵入し、下着の写真を撮るなどした住居侵入の疑いがもたれている。

元区役所職員の高橋健一郎容疑者が住民情報覗き見、強制わいせつ繰り返し逮捕

この事件は一人暮らしの女性宅に繰り返し侵入し、わいせつ行為を繰り返したとして既に起訴されている高橋健一郎(たかはしけんいちろう)容疑者(29)が中野区内の女性が住むマンションに侵入した疑いで1月11日に再逮捕されたものです。高橋健一郎容疑者は去年まで東京都中野区役所の区民サービス管理部で臨時職員として働いており、区の住民情報基盤システムに保存された女性の個人情報を閲覧・保存したとして、区の個人情報保護条例違反の疑いがもたれている。

再逮捕された高橋健一郎容疑者は区内に住む若い女性の家に侵入するなどして、5人の女性に強制わいせつを繰り返した容疑で既に逮捕・起訴されており、警察の捜査の過程で自宅のパソコンを調べたところ、約50件分の女性の個人情報がパソコンに保存されていることが判明し、起訴された事件で被害にあった3人の女性の個人情報と一致したという。

去年7月に逮捕・送検される高橋健一郎容疑者の姿
(去年7月に逮捕・送検される高橋健一郎容疑者の姿)

高橋健一郎容疑者は勤務していた中野区役所でマイナンバーカードの交付などの担当をしており、区内に住む住民の個人情報が閲覧できる住民情報基盤システムに接続するためのIDとパスワードを持っており、システムに接続し1人暮らしの女性ばかりの個人情報を保存し、犯行に及んだとみられている。また、このシステムでは住民の名前や住所に加え、生年月日などを閲覧出来るということです。

警察によると再逮捕された高橋健一郎容疑者は一昨年11月までの約1年間で区内の住宅で1人暮らしをしていた20代の女性が住むマンションのベランダに3回侵入し下着の写真を撮るなどの住居侵入などの疑いももたれており、性犯罪の常習者だった可能性が高い。

中野区役所の元臨時職員・高橋健一郎容疑者が住民情報を見て女性宅に侵入…Twitterの声