立命館守山高校の副校長、元教師・中川剛容疑者のわいせつ事件で口止め依頼のメール送付の疑い

立命館守山高校の副校長、元教師・中川剛容疑者のわいせつ事件で口止め依頼のメール送付の疑い

滋賀県守山市にある立命館守山高校の元教諭が教え子の男子高校生にわいせつな行為をしたとして、今月20日に中川剛容疑者が逮捕されたわいせつ事件で、この高校の副校長が被害にあった男子生徒の母親に口止めを依頼した内容のメールを送っていたことが明らかになりました。

送られたメールは男子生徒が下半身を触られるなどのわいせつ被害を受けた翌月の5月、警察に事件を届け出た翌日に母親の携帯電話宛てに届いたという。逮捕された中川容疑者が学校法人からの処罰を受ける旨を伝えたうえで、「警察事案となれば更に彼の将来の道もたたれます。彼のことを想うなら警察は避けるべきです」と書かれていたという。

メールを受け取った母親は「謝罪の言葉もなければ、文面も非常に上から目線で腹が立つ。事件を隠そうとする学校の態度は許せない」と話しているといい、学校側はメールの存在については認めているが、生徒の立場を考え、取材には答えないとコメントしている。 

このわいせつ事件は、立命館守山高校の元教諭・中川剛容疑者(29)=神戸市中央区港島中町6丁目=が教え子だった男子高校生の下半身を自宅で触るなどのわいせつ行為をしたとして、大津署が9月20日、中川容疑者を滋賀県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕した事件。

逮捕容疑は今年3月28日から4月1日までの間、中川容疑者が当時住んでいた草津市の自宅で2回にわたり、当時17歳の男子高校生の下半身を触るなどした疑いがもたれている。中川容疑者は事件発覚後の5月末、立命館守山高校を退職している。

立命館守山高校のわいせつ事件で口止めか…Twitterの反応

立命館守山高校で男子生徒にわいせつ行為を行った疑いで元教諭の中川剛容疑者が逮捕されたこの事件。この高校の副校長が当時17歳の被害にあった男子生徒の母親に口止めメールを送っていたことが判明し、ツイッター上では批難が殺到している。

メールの文面も報じられていますが、警察沙汰となったわいせつ事件を隠蔽することを目的にしていることがわかります。逮捕された中川剛容疑者は国語を教えていたらしく、わいせつ行為の相手が男子生徒だったこともあり「国語教師がホモ事件起こしたやつ?」「ホモ教師が無理矢理やったのか…」「立命館守山高校の対応が悪すぎ」といった声もあがっています。

立命館守山高校の副校長、元教師・中川剛容疑者のわいせつ事件で口止め依頼のメール送付の疑い

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)