群馬県伊勢崎市で殺人未遂事件、家族3人を殺害しようと自宅に放火:長男の専門学生を殺人未遂・放火容疑で逮捕

群馬県伊勢崎市で殺人未遂事件、家族3人を殺害しようと自宅に放火:長男の専門学生を殺人未遂・放火容疑で逮捕

群馬県伊勢崎市内の住宅で1月9日午前3時半過ぎ、この家に住む長男で19歳の専門学生の少年が自宅に放火し就寝中の家族3人を殺害しようとした殺人未遂事件・放火事件がありました。家の中には父親・母親と弟がおり、母親が2階から飛び降り全治2ヶ月の重傷を負った。警察は火を付けた男を殺人未遂と放火の疑いで逮捕し事情を聴いている。

この放火・殺人未遂事件は伊勢崎市在住の19歳の専門学生が46歳の父親と母親、高校2年生の17歳の弟を殺害しようとして自宅に火を付けた事件。母親が避難する時に2階から飛び降り腰や胸の骨を骨折するなどの重傷を負い、弟が軽傷を負った。父親にけがはなかったという。

逮捕された少年は火を付けた動機について「父親と仲が悪くて殺してやろうと思った」などと話しており、明確な殺意があったとみられている。父親と長男の間にトラブルがあった可能性もあるとみて、警察が事件現場の住宅を調べるなどしている。

現在までに逮捕された少年の名前や住所については公表されていません。

19歳の長男を放火と殺人未遂容疑で逮捕、群馬県伊勢崎市の自宅に放火

この放火・殺人未遂事件は群馬県伊勢崎市内の住宅に住む19歳の専門学生の少年が1月9日午前3時35分頃、自宅に放火し家族3人を殺害しようとした事件。火災発生当時、自宅には46歳の父親と母親、高校2年生で17歳の弟が2階の寝室で寝ており、寝込みに火を付け殺害しようとした疑いがもたれているもの。

就寝中だった3人のうち、火事に気付いた母親が2階の窓から飛び降りた際に腰や胸を骨折し全治2ヶ月の重傷を負ったほか、弟ものどに軽いやけどを負ったということです。この火事で住宅1階の一部が燃え、焼け跡からは油に似た成分が検出されており、19歳の長男が自宅に灯油を撒き火を付けた可能性が高いという。

事件後、長男自ら警察に通報し駆けつけた警察官に自首した。警察は自宅近くに居た長男を殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで逮捕した。逮捕された少年は「父親と仲が悪く殺してやろうと思った」「自宅に灯油をまいて火を付けた」などと供述し、容疑を認めているということです。

捜査を行っている伊勢崎署では「この家族からトラブルの相談などは受けたことはない」とコメントしている。

警察は今後、さらに詳しい動機や犯行当時の状況について追究する方針。また、現在のところ逮捕された少年の名前や自宅の住所などは公表されていない。

放火・殺人未遂事件が起きた群馬県伊勢原市の住宅
(放火・殺人未遂事件が起きた群馬県伊勢原市の住宅)

群馬県伊勢崎市で放火・殺人未遂事件発生、家族3人を殺害しようと自宅に放火…Twitterの声

[ad-4]
群馬県伊勢崎市で殺人未遂事件、家族3人を殺害しようと自宅に放火:長男の専門学生を殺人未遂・放火容疑で逮捕