目黒区の山手通りで暴走事故発生:300メートル暴走し車6台に衝突、運転手の男を過失運転致傷の疑いで逮捕

目黒区の山手通りで暴走事故発生:300メートル暴走し車6台に衝突、運転手の男を過失運転致傷の疑いで逮捕

東京都目黒区目黒2丁目の山手通りで午後1時40分頃、37歳の男が運転する車が相次いで衝突事故を起こし、合わせて6台の車に衝突した後にマンションの外壁にぶつかり停車するという暴走事故がありました。詳しい事故原因などはわかっておらず、逮捕された男は事故当時のことを「覚えていない」と話しているということです。

この暴走事故で車に乗っていた男女5人が軽傷を負い、病院へ搬送されましたがいずれも命に別状はないという。警察が事故当時の状況を調べると共に事故原因を調べており、逮捕された37歳の男から事故前後の状況について聴き取りを行う方針だという。

逮捕された男が運転する車は最初の車に衝突したあと、約300メートルにわたって暴走を続けており、男の体調に問題がなかったかなど、詳しいことを調べを進めます。

東京都目黒区の山手通りで暴走事故、運転手の37歳男性を逮捕

この事故は東京都目黒区目黒2丁目の山手通りで1月7日午後1時40分頃に37歳の男が運転する車(トヨタ・プリウス)が暴走し、立て続けに6台の車に衝突した暴走・衝突事故です。自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕された37歳の男は警察の調べに対し「よく覚えていない」と供述しており、警察が事故当時の状況を詳しく調べています。

逮捕された男の事故直後の姿
(逮捕された男の事故直後の姿)

この事故でタクシーの乗客や衝突された車に乗っていた男女5人が首や腰の遺体を訴えて病院に搬送されましたが、幸いにも軽いけがということで歩行者が巻き込まれることもありませんでした。

暴走した車は前を走っていた乗用車を追い越そうとして衝突。その後も走り続け、乗用車やクラシックカーなど4台にぶつかった後、反対車線を走っていたタクシーに衝突し歩道を乗り越え、道路沿いのマンション駐車場の塀にぶつかり停車したという。

逮捕された男が運転していた車は最初の1台に衝突してから約300メートル間にわたって暴走を続けたが、なぜこの車が暴走したのか詳しい原因などは明らかになっていません。逮捕された男が事故当時のことを「覚えていない」と話しているが、高齢者の暴走事故でもないため、何らかの原因で意識を失った可能性もあり、男の持病や体調についても調べる方針です。

また、7日午後11時の時点では車の運転手で逮捕された男の名前や住所については公表されていません。

目撃者によると「ガシャーンと大きな音がして降りたら事故が起きており、車の破片や歩道の柵が飛び散っていた」と事故当時の状況を話しています。

暴走事故を起こしたプリウスの事故後の様子
(暴走事故を起こしたプリウスの事故後の様子)
事故に巻き込まれたクラシックカー
(事故に巻き込まれたクラシックカー)

東京都目黒区目黒2丁目の山手通りで暴走事故発生、車6台に相次ぎで衝突…Twitterの声

[ad-4]
目黒区の山手通りで暴走事故発生:300メートル暴走し車6台に衝突、運転手の男を過失運転致傷の疑いで逮捕