八王子市の武蔵陵墓地近くの公園で火事:墓地の300メートル手前で消火されるも不審火の疑いで出火原因を調査

八王子市の武蔵陵墓地近くの公園で火事:墓地の300メートル手前で消火されるも不審火の疑いで出火原因を調査

東京都八王子市の昭和天皇が埋葬されている武蔵陵墓地(むさしりょうぼち)近くの公園で1月5日午後4時45分頃、公園内を火元とする火事が発生し陵墓地近くの斜面を約300平方メートル焼き、約2時間後に消火される騒ぎがありました。武蔵陵墓地の敷地とはフェンスで仕切られていたため、延焼せずに消火されたという。

この火事の約1時間半前にも約3キロ離れた八王子市横川町の公園内でプラスチック製の滑り台が燃えるなどの不審火があり、近くで数人の子供が火遊びをしていたという目撃情報が寄せられたことから放火の可能性もあるとみて、東京消防庁と警視庁高尾署が火元や出火原因について詳しく調べています。

現在のところけが人などは確認されておらず、墓地に被害もありませんでした。

東京都八王子市の「武蔵陵墓地」近くで不審火

この火事は東京都八王子市の昭和天皇が埋葬されている武蔵陵墓地近くの公園で1月5日午後4時45分頃、公園内を火元とする火事があり、武蔵野陵墓地近くの斜面・下草が約500平方メートルが焼け、陵墓地の約300メートル手前で消火されたものです。

消火活動には消防車(ポンプ車)13台が出動し消火活動を行い、約2時間後に消火されました。火が燃え広がった斜面には雑草や木が生えていましたが、陵とはフェンスで仕切られていたため、敷地内には延焼しなかったとみられています。

出火原因や火元について警察や消防が詳しく調べていますが、この火事の約1時間半前には約3キロ離れた八王子市横川町の公園に設置されている滑り台や下草などが燃える不審火がありました。

その後、6日午前2時50分頃にも八王子市久保山町の丘陵地で約1000平方メートルが燃える火災があり、警察は半径5キロ以内の範囲で何者かが相次いで火を付けた放火事件の可能性もあるとみて、関連を詳しく調べている。

1月5日・武蔵陵墓地近くの公園で火事:消火活動中の空撮映像
(1月5日・武蔵陵墓地近くの公園で火事:消火活動中の空撮映像)
八王子市横川町の公園で燃えた遊具などの写真
(八王子市横川町の公園で燃えた遊具などの写真)

東京都八王子市の武蔵陵墓地近くの公園で火事、不審火の可能性も…Twitterの声

八王子市の武蔵陵墓地近くの公園で火事:墓地の300メートル手前で消火されるも不審火の疑いで出火原因を調査