新日鉄住金大分製鉄所で工場火災発生、厚板工場内の主電気室から出火し消火活動続く:大分県大分市西ノ洲

新日鉄住金大分製鉄所で工場火災発生、厚板工場内の主電気室から出火し消火活動続く:大分県大分市西ノ洲

大分県大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所で1月5日未明、構内の厚板工場内の電気系統を制御する「主電気室」から出火する火事(工場火災)があり、工場内の配線を辿って燃え広がっています。消防を受け出動した消防車数十台が消火活動にあたっていますが鎮火には至らず、12時間以上燃え続けています。

この火事で燃えた厚板工場内の主電気室には出火当時誰もおらず、現在のところけが人はいないということですが、鎮火の目処は立っていません。警察と消防は鎮火後に実況見分を行い、詳しい原因を調べることにしている。

新日鉄住金大分製鉄所では2014年12月にも爆発事故を起こしており、その際は周辺に飛び散った金属が周りの建物の屋根を壊すなどの被害を出しています。

大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所で火災発生、12時間以上炎上

この火事は大分県大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所で1月5日午前2時10分頃に厚板工場内の電気系統を制御する「主電気室」から出火したもの。「工場で出火した」と消防に通報があり消防車(ポンプ車)数十台が出動し消火活動にあたりましたが、工場内を巡っている配線に燃え広がっており、5日午後1時過ぎの現在も消火活動が続けられています。

火事で燃えている厚板工場は24時間体制で操業しており、午前1時半頃に火災を知らせる警報が鳴って従業員が駆けつけた時には部屋の中に煙が充満していたということです。また、この火事で室内の電気配線などが焼けて大量の煙が発生したが、出火当時、この場所には誰もいなかったためけが人はいないという。

現在、火事が起きた新日鉄住金大分製鉄所の厚板工場の厚板工場は一部の製造ラインを止めていますが、他の箇所については通常通り稼働しているということです。

また、ツイッターには新日鉄大分から煙が出ているところを撮影した写真が投稿されています。

大分県大分市西ノ洲の新日鉄住金大分製鉄所で工場火災発生中、12時間以上燃え続け消火活動続く…Twitterの声

新日鉄住金大分製鉄所で工場火災発生、厚板工場内の主電気室から出火し消火活動続く:大分県大分市西ノ洲