清須市清州田中町の冠水したアンダーパスで車が水没、69歳女性が意識不明の重体

清須市清州のアンダーパスに乗用車突っ込み女性が意識不明

9月20日午後6時半ごろ、愛知県清須市清州の国道67号線で、冠水したJR東海道線など鉄道の下を通る道路「アンダーパス」車が突っ込み、立往生しているのを通行人の男性が見つけ警察に通報した。

愛知県警西枇杷島署や消防によると、救助されたのはあま市蜂須賀の会社員・三摩佐都惠さん(69)。三摩さんを車内から救出し病院に搬送したが翌21日朝、搬送先の病院で死亡しました。救出当時、車は運転席側の窓が開いた状態で沈んでいたという。

車が水没していたアンダーパスは清須市清州田中町の県道67号線。JRの線路の高架下にある、100メートル余りにわたってアンダーパスになっている道路で、台風16号による雨のため、午後5時から通行止めになっており、道路の前には立て看板が置かれていたが、側道から入れるところがあったということがわかっている。

また、事故当時は深さ3メートルほど冠水しており、現場のアンダーパスはこれまでにも大雨が降ると冠水する場所だという。

兵庫県宝塚市栄町3の武庫川で6歳男児、長野県大町市の湯俣川でも66歳男性が行方不明-台風16号被害

2016.09.21

事故現場(清須市田中町)と周辺地図

深さ3メートルほど冠水したアンダーパスがある場所は清須市清洲田中町の県道67号線。JRの線路をくぐる形で高架下に約100メートルにわたってアンダーパスになっている道路です。

冠水したアンダーパスで車が水没…Twitterの反応

現場の清須市田中町のアンダーパスは大雨が降ると冠水する場所として有名だったようです。地形も関係していると思われますが、清須市自体が冠水しやすい場所という声も聞かれました。

事故当時、現場のアンダーパスは約3メートルの深さまで冠水しており、道路両方向の入り口には通行禁止の立て看板もあったということですが、水没した車を運転していた69歳の女性は側道からアンダーパスに侵入したようです。警察が現場の状況を詳しく調べています。

清須市清州のアンダーパスに乗用車突っ込み女性が意識不明

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)