千葉県職員が休職中に風俗店で勤務:健康福祉部出先機関の女性職員に停職6ヶ月の懲戒処分

default

千葉県は12月27日、千葉県職員で健康福祉部出先機関職員の37歳の女性が休職中に風俗店に勤務していたとして、地方公務員法に基づき停職6ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。女性は27日付けで依願退職している。今年11月に勤務先の風俗店の名前とともに匿名での通報があり、女性職員から聞き取り調査を行ったという。

この千葉県職員は病気療養のため休職していた今年9月から12月にかけて風俗店で勤務しており、約40日間の出勤で約200万円の収入を得ていたということです。副業として風俗店で働いたのは経済的理由と話しているという。

千葉県職員の女性が休職中に風俗店勤務、約40日で200万円余りの収入

休職中に東京都内の風俗店に勤務していたのは千葉県職員で健康福祉部出先機関に勤める37歳の女性職員。今年の中頃から病気療養のため休職しており、風俗店には今年9月下旬から12月下旬までの約40日間勤務し、約200万円の収入を得ていたという。地方公務員法(兼業禁止)に基づき停職6ヶ月の懲戒処分にしたが、その後、この女性職員は依願退職した模様。

千葉県職員の女性が風俗店で働いていることが発覚した経緯は、今年11月1日に勤務先の風俗店の名前を挙げるなどした匿名の通報が寄せられ、本人に聞き取り調査したところ認めたという。この女性職員は2年前の2014年に入庁し、勤務態度に問題はなかったという。事実を把握した県が女性職員に風俗店勤務をやめるよう言い続けたが、「家庭の事情から多額の資金が必要になった」という経済的理由から風俗店での勤務を続けたという。

この女性は「ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません」などと話し反省しているということですが、千葉県はこの女性職員の実名(名前)は発表していない。

千葉県職員が休職中に風俗店で勤務、停職6ヶ月の懲戒処分に…Twitterの声

default